ガジェットやアプリの紹介/webディレクター向けのナレッジを発信するブログです。

Notionの使い方まとめ【高機能ノートデータベース】

2021年03月27日 2021年09月23日

Notionに関する記事がそれなりにたまってきて、かつ、Notionに関する記事の閲覧数が多いので、まとめページを作っておきます。

Notionはノートアプリでありつつ、データの一元管理ツールとして使えます。
そこを支えるのがデータベース機能。単にノートを記録するだけではなく、プロジェクト管理ツール、あとで読むサービス、家計簿、読書記録、デザインアーカイブ、ToDo管理など、使い方は使う人分あるように思います。

1. Notionのwebクリップが便利。保存したwebサイトを「あとで読む」。

Notionのwebクリップ機能を紹介します。webブラウザの拡張機能やiPhoneのシェアボタンから表示しているwebページをまるっとNotionにデータ保存できます。一度保存してしまえばローカル上で表示できるのであとでb読む的なサービスとしてNotionを活用できます。

2. Notionでガントチャートを瞬殺で作る。

ノートアプリNotionにTimeline(タイムライン)というビューのタイプが加わりました。それにより、Notionは、チームで使うプロジェクト管理ツールに昇華していく兆しを見せています。ここでは、ガントチャート、WBSの作り方を紹介します。

3. Notionをプロジェクト管理ツールとして使う方法。

Notionは作成したページ上でチームメンバーやゲストとして招待した人とコメントのやりとりをすることができます。Timelineビューの実装含めプロジェクト管理ツールとして活用できる力を秘めています。ゲストユーザーの招待方法、コメント機能について紹介します。

4. Notionのノート一覧表示方法6つ。用途で切り替える。

Notionは高機能なノートアプリ。そしてデータベースで情報を一元管理できます。そしてそのデータをいろんな表示方法で切り替えてみることができます。その表示の仕方をView(ビュー)といいます。その6つのパターンを紹介します。

5. NotionをToDo管理アプリとして使う。

大人気ノートアプリNotionをToDo管理アプリとして使う方法を紹介します。正直普通のToDo管理アプリを凌駕しています。ただ、やることはタスクを登録し、予め決めておいたプロパティに値を設定するだけ。それだけでTrelloのようなボード管理方のToDo管理アプリの完成です。その上、表形式、カレンダー形式、スケジュール表形式などさまざまな見え方でタスクを確認することができます。

6. Notionページをアイコンとカバー画像で美しく装飾。

Notionのページを装飾する方法を紹介します。Notionはページごとにカバー画像とアイコンを設定できます。アイコンは8つのカテゴリーに分かれた相当数から選べます。カバー画像はUnsplashというフリー画像素材サイトのものを自由に選択して使えるのが強力です。自分オリジナルのページイメージにできるのでちょっと気分を上げられますよ。

7. Notionの価格プランの違い。有料のPersonal Proプランにするメリット。

Notionの価格プラン、PersonalプランとPersonal Proプランについて。無料のPersonalプランをお使いの人が有料のPersonal Proプランにするとどのような良いことがあるのかについて紹介します。

8. Notionのページ更新をSlackでお知らせする方法。

Notionのページを更新した際に、その通知をSlackに飛ばす方法を紹介します。やり方は簡単、機能をONにして、通知先のSlackチャンネルを指定するだけ。会社やチームでNotionを使う場合に威力を発揮します。

9. Notionを使った日記の書き方。カレンダービューで簡単記録。

Notionを使った日記の書き方、記録の仕方について説明します。・・・とは言ってもカレンダービューにしてページを作っていくだけ。シンプルです。

10. Notionのページを別アカウントに移行・コピーする方法。

Notionのページを別アカウントにコピーする方法をお知らせします。単純にドラッグアンドドロップできるわけではありませんので少し複雑かもです。Notionの複数アカウントを使い分ける人にとってはそれなりに利用頻度は高いはず。