ガジェットやアプリの紹介/webディレクター向けのナレッジを発信するブログです。

Notionの使い方。ノート一覧表示方法6つ。用途で切り替える。【ビュー】

2021年03月17日 2021年08月22日

たぐと申します。
東京のweb制作会社でプロデューサーをしています。

今日は高機能ノートアプリ、Notionで選択できるView(ビュー)の種類について、どんなものがあるかを紹介します。

Notionはデータベース機能が備わっており、書いたノート一覧をいろんな表示方式で切り替えることができます。

Notionで選択できるViewの種類

選択出来る一覧の見え方にはどのようなものがあるでしょうか。
Notionではその見え方のことを「View(ビュー)」と呼びます。

そのViewの種類について紹介します。

  1. Table(テーブル)ビュー
  2. Board(ボード)ビュー
  3. Timeline(タイムライン)ビュー
  4. Calendar(カレンダー)ビュー
  5. List(リスト)ビュー
  6. Gallery(ギャラリー)ビュー

この6つです。Timelineビューについては以前、記事で取り上げたのでそちらも参照ください。

  • プロジェクトのToDo
  • 名簿
  • 参考サイト
  • 読書記録

例えばこのような情報を一括りにして管理したいときに、このViewで表示切り替えできるとのは大変助かります。

データの一覧を

  • カレンダー形式で見たい
  • リスト形式で見たい
  • 含まれる属性も含めてテーブル形式でみたい。

そういうニーズに応えるものです。

あくまで元となるデータは1つ。
そのデータをどういう形式でみるか、ということをビューで選択するわけです。

1. Table(テーブル)ビュー

さまざまな情報をまとめて見たいときに向いています。
テーブル、、、つまり表なので、ノートごとに設定した要素(プロパティ)をまとめて見たいときに便利です。ビューの中で表示するプロパティは選択することができます。

2. Board(ボード)ビュー

ToDoアプリのTrelloみたいな見え方ですね。

何でグループ化するかは、「Group by ○○」の部分で選択できます。
ここで選択するのは、ノートのプロパティになります。設定したプロパティをここで選択できます。

3. Timeline(タイムライン)ビュー

タイムラインビューではガントチャートを作れます。プロジェクトチームで使えるプロジェクト管理ツールとして大きな可能性を秘めていると感じます。

こちらは、以前記事で紹介しましたのでそちらを参考ください。

4. Calendar(カレンダー)ビュー

文字通りカレンダー表示です。
ノートのプロパティで日付、期間が設定されている時に、その日付、その期間が反映された形で表示されます。期間設定されているものは、日をまたぐ形で表示されるのが良いですね。

5. List(リスト)ビュー

一番シンプルな表示ですね。
基本タイトルのみです。
まずは、リストビューで必要な項目を登録した後で、それをどう見るかを決めるということでも良さそうです。
タイトルだけでシンプルなので、一覧性が高いというメリットもあります。

6. Gallery(ギャラリー)ビュー

画像が登録されたノートを一覧で見る際に有効なビューです。

  • デザインの参考サイト
  • 自分が描いたイラストの記録
  • 印象に残ったのこった風景を写真と共に、、

とか、色んな使い道がありそうです。

一つのデータを複数視点から見られるのがメリット。

今回は便利ノートアプリ「Notion」で選択できるビューの種類について紹介しました。
繰り返しになりますが、Notionにはデータベース機能が備わっています。
それが意味するところはつまり、データと表示を区分けして考えることが出来るということです。

webサイト制作でいうなら

  • 「文書構造」はHTML
  • 「表示データ」はデータベース
  • 「装飾」はCSS

みたいな感じで分けて管理しますよね。
あれも同じです。(ちょっと違うかもだけど)
要は、使うデータは同じならそれは一元管理して、それをどう表示するかは、ニーズに応じて自由に切り替えられるといいよね、って話ですね。

データの海で泳ぎながら生活している私たちの世代。効率的にデータ管理して、楽できることはしていきたいですね。

以上でーす。