ガジェットやアプリの紹介/webディレクター向けのナレッジを発信するブログです。

Notionのページ更新をSlackでお知らせする方法。

2021年08月07日 2021年08月10日

Notionは便利な情報管理ツールです。
個人の情報管理のみならず、ナレッジやガイドライン、営業情報のとりまとめなどビジネス活用も出来ます。

チームや会社でこのような情報管理ツールを使うときにネックになるのが、
更新情報をどうメンバー全員に伝えるか。
ということです。

Notionであれば、更新情報をSlackに飛ばせます。
今回はそのやり方をサクッとお知らせします。
NotionにはデフォルトでSlackとの連携機能が備わっているのでやり方はシンプルです。

1. Slackアプリ側:特にすることはありません。

Slackのアカウント作成、スペース作成という部分は割愛します。
チームもしくは会社で使っているSlackスペースがある前提です。

Slackアプリケーション側では特に設定することはありません。
Slackに拡張機能的なものを追加インストールする必要もありません。

2. Notionアプリ側:対象ページ、Slackチャンネルを設定します。

Notionアプリ側です。
こちらはすることがあります。

Notionアプリを開いて、通知を飛ばしたいページに移動してUpdatesを押しましょう。
すると、表示されたポップアップ画面にConnect to Slack Channelというトグルボタンが表示されていると思いますので、これをオンにします。

Notionのページ上部の「Updates」からSlack連携をONにする。

すると、どのSlackチャンネルに通知を飛ばすか選択する画面が表示されますので、チャンネルを検索…のプルダウンから目的のチャンネルを選びましょう。

ここでは、グループになっているチャンネルだけではなく、個人指定もすることができます。

すると、どのSlackチャンネルに通知を飛ばすか選択する画面が開く。


設定は以上です。

ちなみに、通知先のSlackのチャンネルを指定すると、Slackの該当チャンネルに以下のようなメッセージが表示されます。

このチャンネルはNotionに紐づけられましたよ。

という趣旨の内容ですね。

SlackへのNotionページ紐付けが完了。

3. Notionのページを更新すると指定したSlackのチャンネルに通知が飛びます。

では、実際に紐づけたNotionのページを更新してみましょう。
すると・・・指定したチャンネルに以下のようなメッセージが飛びます。

どういった内容で更新されたか、ということも表示されていますね。

Notionでページを更新すると更新内容含めて通知が表示されます。

注意点

設定したページ以下にぶら下がるページも通知対象になります。

先ほど通知を飛ばしたいページでこちらの設定を行いましたが、対象ページの下層のページについても通知を飛ばす対象になっています。
どの部分のページの通知を飛ばすか自由に設定できるので便利ですね。

Slackで更新通知を受け取るまでに5分くらい時間がかかります。

これはメリットとも言えると思うのですが、Notion上でページを更新したら、即時通知が飛ぶわけではなくおよそ5分程度の時間を要します。なので、そこは焦らず通知が飛ぶまで待ちましょう。

ちょっとでも更新したら更新通知が飛ぶ。

これはもう少し細かい設定ができると嬉しいのですが、例えば通知を飛ばすページの文字を1文字でも修正したら、更新通知が飛びます。
文字修正、ページ新規制作、ページ削除、何か変化が加わったら全部通知が飛ぶ、ということです。具体的に通知飛ぶ内容は、NotionのUpdatesのポップアップ画面に表示されているものがそのままSlackに飛ぶと考えていただいて問題ありません。

このUpdatesのポップアップに表示されている情報は、ページ単位です。
NotionのナビゲーションメニューにあるAll UpdatesのAll タブを見てもらえればです。

まとめ

いかがでしょうか。
今回はNotionの更新通知をSlackに飛ばす方法を紹介しました。

今回の内容、オフィシャルなNotionのページでも紹介されているものです。
以下公式の情報も参照ください。

https://extns.notion.site/Slack-d1b888eef267497da77a129b4247d681