ガジェットやアプリの紹介/webディレクター向けのナレッジを発信するブログです。

Apple HomePodを3ヶ月使って分かった、現実的な使い方。

2020年06月11日 2021年08月24日

注意!パソコンのサウンド入力(マイク)にはならない。

最近は、新型コロナウィルスの影響でビデオ会議が多いという方も多いと思う。
そんな中、Hey Siriで呼びかけることができ、自分の声を認識する、ということだったので、web会議のスピーカー・マイクとしても使えるものと思っていた。

マイクそのものの内蔵は理解していたが、公式の記載では・・・・
「6つのマイクを備えたマイクロフォンアレイが、内部の低音EQマイクロフォンとともに、その部屋が低音域レスポンスに与える影響を分析して補正し、一貫した豊かなサウンドを届けます。」
ということで、マイクの用途としては、部屋の環境を解析し、最適な音を届けるため、そして、Hey Siriに対する応答のため・・・ということらしい。

だとしたら、「そのマイクの使い方、、勿体なくね?」というのが正直な感想。
スピーカーなので一度設置したら、しょっちゅう移動するものでもないし、設定アプリか何かで一度設定してしまえばそれで十分事足りる気がする。そのためだけの「6つのマイク」だとするとあまりにも勿体ない。。

Hey Siriと呼びかけると、音楽の再生中でも反応してくれるし、ありがたいのだけど、、、その性能で、Zoomや、Slack、Google Meetsなどでのビデオ会議で高音質通話が出来れば最高だったんだけど。。。

これ、勘違いしてたの私だけでしょうかね。。

もし誤解している人がいたらご注意を。

ただ、iPhoneを介したHand Offでの電話での通話、Facetimeでの通話には対応している。

残念ながらHomePod miniでも同様。

ちなみに2020年11月に発売されたHomePod mini。
こちらについても仕様を確認したところ、マイクの基本仕様としてはHomepodと同じです。なので、HomePod miniもweb会議のマイクになることはありません。残念。

クッキリしていて腹に響く重低音。

音楽再生はどうか。
ここは、いろんなメディアで言われている通り音質はとても良いと思う。
そしてすごくハイパワー。使うならリビングルームとか広い部屋に置く方が音の広がりを感じられていいと思う。
自分はパソコンの横に置いて、PCスピーカーとして使おうと思ったのだが、逆に音が力強すぎるくらい。HomePodで設定できるボリュームの10%くらいでも十分という印象。
デスクが音で震えるくらいの重低音が出るので、パソコンスピーカーとして使うならもう少し安価・小型のものでもいいかもしれない。

スマートスピーカーとしての成熟はこれからか。

HomePodならではのSiriの使い方にどういうものがあるか。
恐らく、Siriが聞き分けられることに、iPhoneやiPadのSiriとの違いはない。
一応、公式webサイトに記載されている使いこなし方として挙げられているものは下記のようなこと。
HomePod の Siri をもっと使いこなそう – Apple サポート

  1. 天気を調べる
  2. 場所を調べる
  3. 交通情報を調べる
  4. 最新ニュースを調べる
  5. 株価を調べる
  6. 計算する
  7. タイマーを設定する
  8. 時間をリマインドする
  9. Appleデバイスを探す
  10. 翻訳する
  11. 曲を歌っている人を調べる

その他Homeアプリに対応した家電などがあれば、HomePodを介して電気をつけたり、家の鍵をかけたり、エアコンつけたり、ということもできるはず。どういうことをSiriに聞いたりお願いすると良いかは、HomePodが置かれている場所にもよる。
書斎、キッチン、寝室、リビングルームなどなど。。
残念ながら自分は、Homeアプリに対応したガジェットを持っておらず、ここは検証できず。。
暑い日や寒い日に帰宅前に「エアコン入れておいて!」って言えたりするとそれはそれで嬉しいかも。

HomePodのSiriに依頼頻度が高いのは・・・・

  1. 音楽かけて
  2. 明日の予定は?
  3. タイマー3分セット
  4. 今朝のニュースを教えて

この4つくらい。
「音楽かけて」は文字通り。なんとなく音楽かけたいというときに。
「 明日の予定は?」は、仕事の予定はカレンダーアプリと連動しているので、朝それを読み上げてもらうことをしている。たまに。
「タイマー3分セット」は、今、書斎に、朝ヨガマットを敷いて、腹筋ローラーと簡単なストレッチをすることを日課にしているのだが、その際に「Hey SIri、3分タイマーかけて。」とお願いする。自分はヨガマットに寝転んだ状態だったりするので、声だけで時間計測できるのは大変便利。今、コロナウィルスの影響で、自宅でエクササイズをする、という人もそれなりに多いと推測するが、そういう時に、HomePodは良いトレーニングアシスタントになってくれる。
「今朝のニュースを教えて」は、ニュースサイトを見るでもなく、ニュースを聞き流したいときに。これを聞くと、Siriが答えるのではなく、NHKラジオニュースと連動していて、アナウンサーの声でニュースを読み上げてくれる。

個人的に「HomePodでSiriを使う一番の利点」は、Siriへの問いかけの声に「ちゃんと反応してくれる」ということだと思う。
iPhoneやiPadに「Hey Siri」と話しかけたところで、結構な頻度で、ガン無視されるが、HomePodで音楽をかけている途中だったとしても、「Hey Siri」と話しかければ、相当「滑舌悪い」とか、「声が小さすぎる」とかでなければ、ほぼ反応してくれる。
話しかけたあと、そのまま、Siriの「ハイ」という返信を待たずに、「今日の天気は?」といった質問を続けても、そのまま回答してくれるのも、普通に会話をしているようで快適。

まとめ

結局、買ってよかったがどうか?
自分的な結論で言うと、80点くらいかな。と思う。
一番は、最初に言った、PCのマイク入力として使えるものと勘違いしてしまい、期待していた使い方ができなかったこと。(ただ、これは自分が悪い。)あとは、価格が高いとは言われているが、通常音質にこだわるとお金はかかるもの。HomePodの価格32,800円(税別)は、高級なオーディオセットと比較すれば十分安いし、相応の音質を出せるデバイスだ。
(1つよくわからないこととして、たまーに、MacからAirplay経由で音楽再生していると、突然通信が切れることで音楽も切れることがあるということ。ただ、これは、自宅のネットワーク環境によることかもしれないので、深くは触れないでおく。)

これだけの音質で、電話もできて、声で調べ物をしてくれたりもする、ということを考えれば、目くじら立てるほどの高価なものではないと思う。
音質も、クリアかつ重厚で自分は好きです。