webサイトの設計・マーケティングについて考えるブログ

Keynoteのスライドサイズ。A4印刷・画面表示の最適設定。

2021年12月15日 2022年01月07日

たぐ(https://twitter.com/tagtaz74)と申します。東京のWeb制作会社でプロデューサーをしています。

今回はKeynoteの印刷設定について少し考えてみようと思います。

ちなみにKeynoteの印刷設定はここでやります。

「書類」タブの「スライドのサイズ」のところですね。

このデフォルトサイズですが

標準(4:3)となっています。

ただ、この状態でA4印刷すると左右に余白が空いてしまいます。

A4用紙に印刷する場合の最適なサイズはなんなのか? というお話です。

その他のKeynoteに関するトピックは以下もご覧ください。

A4印刷するならスライドのサイズはカスタム設定が必要。

まず結論ですが、以下のように設定すると、A4の用紙にピッタリと収めることができます。

A4印刷に合わせる場合

カスタム(1440ptx1018pt)

です。

A4の用紙の縦横比率は4 : 2.8286。

こうする理由について説明します。

A4の用紙の縦横比率は4:3ではないからです。

ちょっと計算してみましょうか。

A4用紙のサイズは以下です。

420mm x 297mm

なので、画面サイズの横をまず固定し、最近のモニタサイズも大きくなっているので、仮に

1440ピクセルに固定させましょうか。(ここは、任意で大丈夫です)

だとすると、A4サイズにピッタリ合う縦の長さはいくらでしょうか。

1440 x (297 / 420)

となります。計算すると。

スライドサイズ設定で

横:1,440pt

縦:1,018pt

のように設定しておくと、A4印刷をした時に、ピッタリ印刷範囲を収めることができます。

印刷にあわせるか、画面にあわせるか。

しかし、最近はリモートワークが主体の会社も増え、資料の提示をオンラインの画面共有で行う機会も増えました。

となると・・・A4印刷ではなく、画面サイズにあわせたサイズで作った方が、余計な余白が入らずに良いよね。ってこともありそうです。

その場合も考えておきます。

良くある画面のピクセルサイズを挙げてみましょうか。ネット記事などを確認すると・・・

  • 1,920 x 1,080(縦横比4:2.25)
  • 1,366 x 768(縦横比4:2.24)
  • 1,440 x 900(縦横比4:2.5)
  • 1,680 x 1,050(縦横比4:2.5)

あたりのシェアが多そうです。

つまり、普及率の高いモニタの縦横比は、用紙のA4サイズに比べて縦が狭いということですね。

もし、KeynoteのスライドサイズをノートPCの画面サイズに合わせるのであれば、個人的には、

カスタム(1440ptx900pt)

画面サイズに合わせる場合

あたりで設定しておくのが無難なのかなと感じてます。