ガジェットやアプリの紹介/webディレクター向けのナレッジを発信するブログです。

Apple One開始。Apple Music契約者にはお得。登録方法も紹介。

2020年11月01日 2021年08月24日

Apple Oneが日本でもサービス開始。

アップルのサブスクリプションサービス4つが1セットになったApple Oneというサービスが
日本の2020年10月31日にスタートしました。
Apple Oneは以下の4サービスが1セットになったサービスです。

  • Apple Music
  • Apple TV+
  • Apple Arcade
  • iCloudドライブ50GB

気になる価格ですが、アナウンス通り、
個人プランだと、1,100円/月
5人までのファミリープランだと、1,850円/月
です。

Apple Music契約者にはお得なサービス。

結論から言うと、

Apple Music契約者にとっては損のないサービス

だと思います。

まず、Apple Musicは月額課金のサービスですが、
これの利用料が毎月980円です。

それに、プラス120円で、Apple TV+と、Apple Arcadeと、iCloudのストレージが50GBついてきます。

もし既に、iCloudのディスクを50GBプランを個別で契約されている方がいたら、

Apple Music 980円
iCloudドライブ50GB 130円

で、1,110円になります。なので、iCloudドライブ50GBを個別契約しているような人は、Apple Oneのサービスに切り替えることで、Apple TV+とApple Arcadeがくっついて、10円安くなるわけです。

iCloudドライブはApple IDを持っている人には漏れなく5GB無償提供されますが、なんだかんだクラウド上のディスクを持っておけるのは便利です。
持っておいて損はないと思います。

なので、iCloudドライブ50GBもつけるという前提で考えるなら、Apple Oneに入るべきです。その方がお得なので。

※同じような内容をサウンドメディアstand.fmでも話してますのでそちらもどうぞ。

Apple TV+とApple Arcadeに価値を見出せるかどうかは微妙なところ。

Apple Music、iCloudドライブはまぁいいとして、Apple TV+とApple Arcadeにお金を払う価値があるかどうかは、正直微妙なところはあります。

Apple Musicだけあれば良いという人にとっては、Apple TV+とApple Arcadeに価値を見出せるかどうかがApple Oneに入るかどうかの1つの判断ポイントになると思いますが、ここは・・・人によりますね。。。

まずApple TV+について。

基本的にはAppleオリジナルの番組で構成されており、それなりに楽しそうなドラマやドキュメンタリーはありそうなものの、Netflixのようなエンターテイメント性までは感じません。

今後に期待ですが、Netflixのようにコンテンツを持っている所と組んで番組数を確保しないと「観たい」という感情にはなかなかならないので、厳しいのではないでしょうか。。

次にApple Arcadeについて。
こちらも、同じく現時点の中途半端感は否めません。

広告なしのサブスクリプションゲーム、という発想そのものは賛成ですが、「それなりに良質なスマホゲーム」との差別化を図り切れておらず、ゲームの内容も地味ものが多い印象です。

心を揺さぶるような重厚なストーリー性を感じられそうなゲームも見当たらず、PlayStationやSwitchなどと比較するとどうしても大人しい印象です。

ここで提供されるゲームに売りとなる特長が見えないと、メジャーなプラットフォームにはなり得ないのではないでしょうか。どうなんでしょうね。。

ただ、今回のApple Oneのサービス提供を皮切りに、Apple TV+、Apple Arcadeに触れてみようというユーザーは増えるはずです。

そこをうまく取り入れる番組やゲーム、またゲームをとりまくプラットフォームを訴求できれば、ブレイクできるチャンスはまだまだあると思います。

PlayStationやSwitchとは違う方向性のApple Arcadeならではの夢中にさせる軸となる要素があると良いのですけどね・・・。

例えばAAAタイトルを取り巻くゲーマー同士のコミュニケーション、マッチングを促す場などは思いつくところですがどうなんでしょうかね。

1ヶ月の無料お試し期間あり。

Apple Oneは1ヶ月の無償お試し期間があり、その期間中、Apple Music、Apple TV+、Apple Arcadeを使い倒せます。
そこで、良さを体験してみてから継続判断をしても良いと思います。
ただ、その1ヶ月後のタイミングは基本自動更新になっているので、もし不要と判断された方は、その前のタイミングで解約処理をしておくことをお忘れなく。

とりあえず自分は引き続きApple MusicとiCloudドライブ50GBを使うつもりで、その場合は損はないので、早速申込ました。
Apple IDを持っている人であれば、スマホやMacのサブスクリプション登録をしてしまえばすぐ使い始められます。

私も早速Apple Arcadeのゲームを何個か試してみようと思います。
もし「これは・・・!」というような掘り出し物が見つかったらまたここで紹介したいと思います。

Apple Oneの登録方法をステップで紹介。

1. 設定画面から「Apple ID、iCloud、メディアと購入」をタップ。
2.「サブスクリプション」をタップ
3.「Apple One」をタップ
4.「個人プラン」か「ファミリープラン」を選択
5. Apple Oneを申し込まずに、個別にサービスを申し込むこともできます。
※Apple Oneを申し込んでいる人はこちらの設定は不要です。