ガジェットやアプリの紹介/webディレクター向けのナレッジを発信するブログです。

Macでのhostsファイル書き換えはHelmがシンプルで使いやすい。

2021年03月21日 2021年08月22日

たぐと申します。
東京のweb制作会社でプロデューサーをしています。

web制作に関わっていると、Hostsファイルを書き換えたいというときがあります。
Hostsファイルとは何か?
それは、ブラウザで入力したURLをアクセスするサーバのIPアドレスに変換するために使われれるものです。

今はその変換の仕組みはDNSサーバというインターネット上の仕組みがやってくれるわけですが、その変換表をローカルPC内にも持っておけるというものです。

Helmというアプリがシンプルで使いやすい。そして無料。

HelmはMac用のアプリでAppストアからダウンロード可能です。
そして、こちらありがたいことに無料です。

Appストアでの紹介はこんな感じでいたってシンプルです。
以前は、その名も「Hosts」というアプリがあって使っていたのですが、MacのOSがバージョンアップして32bitアプリのHostsは使えなくなってしまったので代替アプリを探していました。

有効にするIPアドレスとドメイン名のセットを作ってアクティブにするだけ。

Helmを起動すると、Macのツールバー部分にHelmのアイコンが表示されます。
この船の舵のようなマークをクリックしましょう。
以下は、すでに3つの設定がある状態ですが、最初は「Show Editor Window」を選びましょう。

すると以下のような画面になるはずです。

左には作成した設定が並んでいて、いま「localhost」という設定にチェックマークがついています。これが今アクティブになっているということです。

ほかに設定を追加したい場合は、画面上の「+」マークを、すでにある設定を削除したい場合は、その設定を選択した状態で「−」マークをクリックしましょう。

画面の右の設定も簡単に説明しておきましょう、

127.0.0.1 localhost
127.0.0.1 tagtec.tagtaz.com

というのが見えると思いますが、これがその設定です。
tagtec.tagtaz.com
というURLをブラウザを入力すると、127.0.0.1
のIPアドレスを見にいってください、ということを表しています。
この「127.0.0.1」というのはインターネット上の別のwebサーバではなく、自分自身を指すIPなわけですが、もちろん、外部のwebサーバを参照することもできます。

ちなみに、先ほど言ったDNSサーバというのもやっているのはこれと同じようなことです。URL(ドメイン名)をIPアドレスに変換して、インターネット上の住所を特定することで、目的のwebサイトが閲覧できるわけです。