ガジェットやアプリの紹介/webディレクター向けのナレッジを発信するブログです。

Macの無料ウィルススキャンソフトはAviraがおすすめ。【有料化アピールゼロ】

2021年03月21日 2021年08月22日

たぐと申します。
東京のweb制作会社でプロデューサーをしています。

Macはウィルスに強いと言われています。
ただ、絶対かと言われるとそういうわけでもありません。

Mac用のウィルススキャンソフトも多数でていますからね。
Macを使っている人には、ウィルススキャンソフトを入れていないという人もいるとは思いますが、私が今勤めている会社では、仕事で使っているMacにもウィルススキャンソフトのインストールが必須だったりします。

自宅では、会社用のMacではなく、自分用のMacを使っていますが、それを仕事で使うこともあるので、もしものことを考えてウィルススキャンソフトは入れておいた方がよいかな、、ということで入れています。

Aviraはアップグレードを促す通知がない!

ちなみに会社ではAvastというアプリの無料版を使っています。
ただ、これ、UIがあまり美しくないのと、「おまえがウィルス並みにうざい」というレベルで有料版へのアップグレードを促してきます。

そこでAviraというウィルススキャンソフトをお勧めします。
Aviraの素晴らしいところはアップグレードを促す通知がないことです。

https://www.avira.com/ja/free-antivirus

UIもシンプル。

そして、UIもシンプルで、わかりやすいです。
デフォルトで表示されるステータス画面はこんな感じ。
「アンチウィルスの保護」が効いていることがひと目でわかります。

スキャンはスケジューリングが可能。

スキャンはスケジューリングが可能です。
クイックスキャン、完全スキャン、カスタムスキャンの3つから選べます。
完全スキャンは1ヶ月に一度くらい、クイックスキャンは週1回くらいが良いのではないでしょうか。
タイミングは自由に設定可能です。
カスタムスキャンではディレクトリを選んでスキャンできます。

有料版との大きな違いは、USBデバイスのスキャン。

一応、有料版でできることについて比較表を掲載しておきます。
無料版との比較がないので、ちょっとよくわかりません。
個人的には無料版で必要十分な印象です。
USBデバイスの保護がされない、ということ言っているので、外付けHDDなどを守りたい場合は、有料版が必要かもしれません。
ただ、ウィルススキャンそのものは外付けのHDDに対して行うことはできるので検査を行うという意味では無料版でも対応可能です。

スキャンの結果もシンプル

スキャン中の画面はこんな感じです。

そして、スキャンし終わると次のような画面が表示されます。
特に検出がなかったので、ウィルスに感染している場合にどのような表示になるかはわかりませんが、直感的に結果が認識しやすいと思います。

Aviraは無料でシンプルでわかりやすい。

とにかくAviraは、余計な通知がなく、影から守ってくれてる感があって好きです。繰り返しで恐縮ですが、会社で使っているAvastはとにかくウザい感じで苦手です。個人的にはAviraのように、ユーザーにとっての使い勝手を第一に考えてくれているように思えるほど、ユーザー数も増えるし、有料版にアップグレードする人も増えると思うのですが、どうなんでしょうね。

Avira頑張れって感じです。

https://www.avira.com/ja/free-antivirus