ガジェットやアプリの紹介/webディレクター向けのナレッジを発信するブログです。

Apple Arcadeの癒しゲー「パターン合わせ」が地味に熱中する。

2020年12月31日 2021年08月22日

たぐと申します。
東京のweb制作会社でプロデューサーをしています。

今日はApple Arcadeの話をします。
Apple Arcadeは、Appleがサブスクリプションで提供している定額のゲームサービスです。

iPhone、iPad、Mac、Apple TVで利用可能です。

正直、Apple Arcadeにはメガタイトルがあるわけではなく、地味に一人で楽しむ系のゲームが多い印象です。

私個人的には、スマホやタブレットの課金前提のゲームはしないと決めているのですが、そういう類のものではなく、ちょっと気分転換的にやってもいいかなというゲームを見つけたので紹介します。

Apple Arcadeの癒しゲー「パターン合わせ」が地味に熱中する。

パターン合わせ
というゲームです。

う・・・名前からして地味・・・・。

これが何かというと、パズルゲームです。
複数のピースに分かれた絵の断片を組み合わせて1枚の絵を作り上げるというジグソーパズルのようなものです。

絵と音楽で癒される。ジグソーパズルと塗り絵を一緒にやっている感覚。

そんなにiPhoneやiPadでゲームをしない自分がなぜこれをお勧めするかというと、その理由は大きく5つあります。

  1. 1つの絵を作り上げるまでの時間が10分程度。さくっと楽しめる。
  2. 音楽が静かで落ち着く。
  3. 絵が綺麗。
  4. モノトーンの下地に色を付けていく塗り絵のような感覚がある。
  5. 絵のパターンがめちゃくちゃある。

そんなところです。
とにかく絵が綺麗で、1枚の絵が完成したら、その絵の美しさにハッとします。

ゲームというと、課金とか勝ち負けとか、そういう要素が多い中、このゲームは、ちょっとした息抜きになりつつ、絵の美しさで美的センスも磨かれるんじゃないか、というような気もします。(それは言い過ぎか・・・)

まぁ、全然メジャーじゃないですし、万人受けするものではないと思いますが、もし

「Apple Oneのサービスを登録したが、Apple Arcadeでやりたいものもないしな・・・」

というような、そこまでゲームに求めるものが多くない人ほど、マッチするんじゃないかなと思い紹介させてもらいました。

実際のゲーム画面紹介。

以下、4点ほどですが、実際にiPadのゲーム画面と、完成した絵のイメージを紹介します。

下にあるピースを上の絵に重ねていきます。
正解だったら、カチっとはまります。
あと少し。
はい完成です。

ね、綺麗でしょ。

また、絵のパターンがめちゃくちゃあるというのを挙げましたが、
以下のようなカテゴリに分かれており、500くらい数があるようです。

  • 休暇
  • 子ども
  • ファンタジーとおとぎ話
  • 動物
  • 昆虫
  • 海の魚たち
  • スポーツ活動
  • 料理
  • 楽しさと遊び心
  • 地図
  • 旅行
  • 家と土地
  • ビーチ
  • 宇宙
  • レタリング文字
  • 水彩画
  • 芸術的
  • 抽象画
  • 幾何学
  • ヴィンテージ
  • 形状とオブジェクト
  • リアリズム
絵はたくさんあります。500点くらいあるみたい。
これは、別の完成した絵。絵そのものが美しいです。

まとめ。

10分で終わるゲームなので、沼にハマるみたいなことはないと思います。
あと、データ容量が何気に大きく、3GBを超えるようなので、そのあたりは注意ください。

今回はApple Arcadeのゲーム「パターン合わせ」を紹介しました。
素晴らしい音楽と、絵。
塗り絵とジグソーパズルが組み合わさったような感覚。

ちょっとした息抜きにどうぞ〜。

以上でーす。