ガジェットやアプリの紹介/webディレクター向けのナレッジを発信するブログです。

MOFT X やめました。必要な時に携帯スタンドを取り出して使う。

2021年03月24日 2021年04月03日

たぐと申します。
東京のweb制作会社でプロデューサーをしています。

以前、薄型のスマホスタンドMOFT Xを購入したという記事をあげました。
しばらく気に入って使っていたのですが、すみません、どうも手への馴染みが悪く、使わなくなってしまいました。
その替わりというわけでもないのですが、薄型軽量のアルミ製スマホスタンド「Reodoeer」という商品を買ったので紹介します。

MOFT Xが定着しなかった理由。

MOFT Xの良いところもたくさんあります。
ただ、どうも定着しなかったんですよね。
一応その理由をさらっとリストにしておきます。

  • わずかに重くなる。
  • 持った際、裏側の出っ張りが手に引っ掛かる感じが気持ち悪い。
  • コロナの影響で外出が少なくなりカードホルダー部を使う機会がない。
  • 厚くなるのでワイヤレス充電の効率が落ちる。
  • 接着シールの質が微妙。
  • 指を通した時のフィット感がない。
  • 写真を撮る時に安定した持ち方がない。

こんなところです。(結構あった・・・)
ただ、スタンドとしては優秀だと思います。
ぺこっと広げたらすぐ立てておける。
スマホを「立てておきたい」という欲求と頻度が高い人は後悔しない商品だと思います。

必要な時だけスタンドを使うというスタイルもあり。

自分はどうかというと、カフェに入ったときとかはスマホを立てておきたいって思います。あとは仕事中のデスクとか。
会社や自宅のデスクでiPhoneを使って音楽を聞くことってあると思うのですが、そんなときスマホを立てておいておきたいのですよね。

ただ、個人的には、立てておきたいシチュエーションは限られるので、「じゃ、そのときだけ立てておけるようにしておけばよいのでは。」という発想です。

そこで購入したのが、「Reodoeer」というスタンド。

Reodoeer アルミ製 超薄型 軽量 スマホスタンド カードサイズ 折り畳み式 タブレットスタンド 携帯スタンド 角度自由調整可能 (ブラック)

畳まれた状態。
立ち上げるとこんな感じ。結構がちっとしてる。

以下、これも簡単に特長を書きます。

  • アルミ製
  • 60g
  • 折り畳み式
  • 専用ケース付属
  • 安定している。
  • iPadも立てられる。
  • 携帯時はカード状
  • Amazonで990円
  • 簡易的な自撮り動画撮影にも使える
iPhone置くとこんな感じ。iPadも置けます。

Reodoeer アルミ製 超薄型 軽量 スマホスタンド カードサイズ 折り畳み式 タブレットスタンド 携帯スタンド 角度自由調整可能 (ブラック)

60gという重量をどう考えるかがポイントかもです。
ちょっと重さは感じるので。ただ、その分しっかりしているのでiPadのスタンドとしても使えます。

カフェや出先でちょっとしたワークスペースを作りたいときなどに、この商品は活きるのではと思います。