ガジェットやアプリの紹介/webディレクター向けのナレッジを発信するブログです。

マスクをつけたままでOK。Face IDでiPhoneのロック解除が可能に!

2021年04月27日 2021年08月22日

たぐと申します。
東京のweb制作会社でプロデューサーをしています。

タイトルの通りです。
ようやくマスクをつけたままでもFace IDが使えるようになりました。
2021年4月27日(火)iOSとWatch OSのアップデートをすることでその機能が使えるようになりました。

これで、外出時、Touch IDも使えず、毎回パスコードを入力したり、Face IDを使うためにマスクをずり下ろしたりする必要がなくなります。よかった。

こんなアップデート通知がきました。

まずは、iPhone、Apple WatchのOSアップデート

と言ってもやり方はシンプルです。
まず、iPhoneとApple WatchのOSを最新にしましょう。

  • iPhone → iOS 14.5以上
  • Apple Watch → Watch OS 7.4以上

それぞれの「設定」アプリから「ソフトウェアアップデート」を選択しましょう。
自動で最新OSがインストールされます。

Apple WatchのOSアップデートは、Apple Watch本体からでも可能ですし、ペアリングしているiPhoneのApple Watchアプリからでも可能です。(下記はiPhoneのApple Watch設定アプリの画面)

Apple Watch側ではこれ以上の設定はありません。

iPhoneの「Face IDとパスコード」設定画面でApple Watchでのロック解除をONに。

次にiPhone側での設定です。
「設定」アプリを開き、「Face IDとパスコード」を選択。
その中に「APPLE WATCHでロック解除」という項目が追加されていると思うので、解除に使うApple WatchのトグルメニューをONにします。

そうすると、次のような通知が表示されます。
もちろん「オン」を選択しましょう。

設定は以上です。
改めてFace IDを登録する必要もありません。

「ロックを解除したApple Watch」と「マスク」をつけた状態で、iPhone画面をタップ。すると、ロック解除されました。

万歳。