ガジェットやアプリの紹介/webディレクター向けのナレッジを発信するブログです。

iPhone13 Proのカメラ凄そう。iPad miniは外出頻度が多ければ買ったかも。

2021年09月16日 2021年09月16日

2021年9月15日(水)の早朝、毎年恒例のAppleの新製品発表会がありました。

昨年2020年は確か1回じゃなく、数回に分けて開催されたと思うので今年も同様なのかも。

発表された製品は

  • iPad
  • iPad mini
  • Apple Watch Series7
  • iPhone13
  • iPhone13 Pro

噂のあったAirPods3やMacbook Proの14インチあたりは発表されず。

発表された製品は概ねリークされていた通り。 特にiPad miniはリークされていたそのままって感じ。

Apple WatchはiPhoneみたいに画面がフラットになると言われていたが実際は丸みを帯びた形状で変わらず。腕時計のグラスは丸みを帯びていた方が腕に馴染むと思っていたので良かった。

順番に印象を買いていきますね。

iPad(無印)。廉価版というイメージが染み付いた。

無印iPadはスペックアップくらいの印象。 ホームボタンありで、廉価版というイメージが定着した感じ。

つるつるして使いにくく、充電もしにくいApple Pencil第一世代が使える。 Apple Pencil第一世代を使い続ける人にとっては良いかもだけど、Apple Pencil第2世代の方が使い勝手が良いのはわかっているのだから、そろそろiPadのLightningコネクタにぶっ刺して充電する不恰好なやり方はもう切り捨てていいんじゃないか。

iPad mini。いい感じ。自宅用、お出かけ用に最適。

今回一番気になったのがiPad mini。

今回の発表で自分が買いたいと思った唯一のデバイス。

今、ぼくはIPad Proの2020年モデルを使っているのだけど、バックパックに、Macbook Proと一緒に入れる場合、結構でずっしりとした重さがある。

Macbook ProとiPad Proを同時に外に持ち出すことが減った。

仕事でどうしても両方必要なときは持ち出すけども。

たかだが数100グラムの違いなんだけど、背中に担いでみると結構違う。 軽いのは正義。

今回発表のあったiPad miniは、Apple Pencil(第2世代)がマグネットでくっつくので、手軽に外に持ち出すのによさそう。普段使いの手書きノートになる手軽さがいい。

もし会社に毎日出社しているような状況だと、常にバックパックに入れておく使い方を考えたと思う。

今はコロナの影響で毎日外に出ることが少なくて、現状だったらしばらくiPad Proだけあればいいかな。

わざわざiPad ProとiPad miniを使い分けるほどの用途が思い当たらないのでしばらくは静観。 外出で手書きのノートをする機会が大幅に増えるとなると購入を考えると思う。

あと価格の高さも気になるところ。 大きさはminiでもストレージを256GBで選択するとなんと税込で77,800円。

たっか。冷静に考えると高価な買い物。 PlayStation5より高い。そのことをきちんと認識して買わなきゃだなぁ。買うなら。

Apple Watch Series7。画面が大きくなって、さらに丈夫に。

画面が大きくなったのは良いけど、しばらくは今使っているApple Watch Series6で十分かな。 画面が大きくなったからといってApple Watchそのものの利用体験が大幅に変わるとは思えない。

より頑丈になったようなので、そこは良さげだけども。 せっかくだから新しいバンドとかも紹介すればいいのに。

iPhone13とiPhone13 Pro。カメラすごそう。

iPhone13はカメラがすごくなっているというアピール。

映画撮影ができるくらいのカメラ、という触れ込みが一般人にどの程度訴求力があるものかが気になる。

iPhone X以降くらいのカメラを持っている人であればカメラの品質には概ね満足しているのではないか。 iPhoneのPro仕様といっても、ほとんどの人が撮影するのは日常的なスナップ動画でしょうし。 そういう意味では、買い換えることで新たな体験ができそう、というほどの気持ちにはならず購入の決め手にまではなっていないなと。

特に気になったのはiPad mini。だけど・・・。

現在所有しているiPhoneはiPhone11 Pro。ちょうど購入して2年。 分割での支払いも終え、今回の発表でめちゃ気になるiPhone13ならではの何かがでれば買い換えることも考えていた。今使っているiPhone11 Proは奥さんにあげればいいし。(ちなみに奥さんは今自分がさらにその前に使っていたiPhone7を使っている)

ただ、今回の発表ではそこまで購入に繋がりそうな要因はなく、自分も今のiPhone11 Proに不満もないので、今回はスキップしようかと。

多分スペック的にここ数年のモデルのiPhoneなら「もう十分」というレベルにまで到達しているのだと思う。

そう考えると、Appleも、他のAndroid端末を作っている会社もスマホが(少なくとも)爆発的に売れるということはなくなるんだろうな。

スペックは現行モデルで不満なし。購入を促すソフトウェアのサービス向上に期待か。

Appleも端末は引き続き販売はするが、売り上げの軸は、サブスクリプションタイプのサービスに移行されていると言うし、端末は壊れたり古くなったりしたら買い換えれば良いのかも。

そう考えると、Appleにはよりサービスの方に力を入れてもらいたいかもだなぁ。

Apple Oneに含まれるApple TV+、Apple Arcade、Apple Music、iCloud Drive。

Apple Musicは先日ロスレスだのドルビーアトモスだの音質に関わるところのアップデートもあり、特に不満なし。けど、Apple TV+やApple Arcadeはずーっといまいちな状態が続いていると思う。

Apple TV+コロナの影響で映像撮影が難しい状態が続いたのかと想像はするが、現状の映像作品ラインナップは寂しい限り。

Appleはやけに「テッドラッソ」という野球コーチ?の番組を推しているが、あまり大多数に響くコンテンツでもないと思うんですよね。

特に日本だとアメリカンコメディーってそこまでウケないだろうし。

例えば「24」とか「プリズンブレイク」とか有名作品に並ぶほどの面白さがあると評判になればまた風向きも変わってくるのでないかと思うんですけどね。スマホでそういう映像作品を手軽に楽しむ人も増えてるだろうし。

一方、Apple Arcadeはゲームの質がどれも中途半端なミニゲーム集という印象が拭えない。 もし、iPhone13でしか楽しめないハイスペックゲームが出てきたりすると、iPhone13の購入のきっかけになる、ということはあるかもなぁ。

ま、、今回の発表、個人的に「すぐにでも買いたい!」と思える製品がなかったです。というのが結論。
でも技術の進歩を感じられるし、Appleのプレゼンテーションもわかりやすく、ショーとしてとても面白いものでしたね〜。